自転車の冬グローブを新調したのさ [Shimano Windstopper Insulated Gloves]

先日のブルベ出走中、ふと見るとグローブ手の平の生地が両手とも破れ始めているじゃあないですか。

これまで使っていたのは、今は廃版になっているっぽいシマノのオールコンディショングローブ。メンブレンにハイポラを使っているがたぶん縫い目のシール処理がされておらず、縫い目から冷気がかすかに侵入したり長時間経つと水が侵入してくるところは気になったものの、防水性と透湿性のバランスがそこそこ取れた製品だったと思います。

100分ぐらいまでの雨であれば浸水せず、インナーグローブを併用すれば-3℃ぐらいまでは寒さを感じず、着用感もごわごわしなければ、脱ぐときに裏地が裏返ったりすることもなくて、反射部分の少なさと前述のシームのシール以外は割と気に入っていたのですが、二年ぐらい使ったからそろそろ寿命よね、ということで冬グローブを新調しましたとさ。

 

今回選んだのは、シマノ の Windstopper インサレーテッド グローブ。店頭であれこれ試着しましたが、パールイズミの冬グローブはごわごわした感じが少し強く、カステリのグローブは手首にベルクロやファスナーが無く、だったら前のと同様シマノの製品でいいんじゃねぇかという結論に。

シマノ製品でも、ウインドブレーク サーマルリフレクティブグローブは裏地や中綿が無く保温性が低そうだったのと指に縫い代が触れる着用感が好みじゃなかったので却下。Windstopper サーマルリフレクティブ グローブは保温性が京都の冬に使うにはオーバースペックそうな気がしたので却下。ゴアテックス ウインターグローブは色合いやゴツさがいまひとつだったので却下。

そんなワケで、着用感や保温性が丁度良さそうだったWindstopper インサレーテッド グローブを選びました。

 

タグによると、XRDのクッション材,手の平の生地にAXスエード,メンブレンにゴアのウインドストッパーが使われているらしい。サイズはインナーグローブを併用することを考え、ぴったり~気持ちタイトぐらいなMサイズではなく、気持ちルーズなLサイズ。さてさて、実際にサイクリングで使うのが楽しみだ。