読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自転車整備あれこれ

Bicycle

だんだん暖かくなってきたけど、ロードバイクのフォークを手放してしまって走行不能状態のままなのも駄目だよなぁと思い、週末は自転車の整備をしていた。


フォークが無くなってしまった Zenium にストックしてるどのフォークを付けようかと考えたが、とりあえず Ritchey WCS を使うことにした。Oval Concepts の R900 の見た目とか好きなんだけど使ったことのある品で重量も少しかさむし、リッチーは好きなブランドだから。
Ritchey のフォークにはクラウンレースが付いていたけど、ベアリングとの接触角が目視で45°に見えて、ヘッドセットのベアリングとマッチしないので付いていたクラウンレースを取り外し、R900 から回収した接触角36°のクラウンレースに交換した。
最初ゴムハンマーでクラウンレースの圧入をしようとしていたけどびくともしなくてどこかショップにでも持ち込もうかと思ったけれども鉄ハンマーを使ったら一発だった。道具の使い分けって大事ね。


ついでにレーシング3も人に譲る前に洗ったりしておこうと思い、ラベルやリムをクリーニング。回転良好ながらもベアリングのグリスが少し少なさそうな感触だったのでグリスアップでもしてやろうかとハブを開けてみたら、玉押しに毛先のような黒い筋が……。まさかと思ってベアリング周辺のグリスを全部洗い落としてみたら、ワンや何個かのボールにも黒い曇りが。うげー、このままでは人に売れないじゃないか……。機会をみてのむラボにでも持ち込んで修理してもらうしかないか。