読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

空気環境を気にし始めた話

今年になったころから中国からの汚染物質が話題に上る頻度がちらほら増え、つい一週間ほど前から五歳児が花粉症のような症状を訴えたこともあり、我が家の空気環境を少し見直している。

とり急ぎで、10年ほど前に少しだけ使っていた空気清浄器を探し出して寝室で運用開始。SHARP の FU-M21CX というモデルで寝室で使うには若干風量が小さい気もするけど、無いよりよっぽどいいでしょう。フィルタは HEPA かと思ったら ULPA だったようで、ちょっとびっくりしました。
我が家のエアコンに空気清浄機能とかあるのかなーと確認してみたら、プラズマイオンによる除菌 (LDK設置)とか、光触媒チタンアパタイトフィルター (寝室設置)とかウェブページに書いてあって、「やれやれ、ちちんぷいぷいですか」とため息をついたりした。こういうのって、フィルターの細かさとか詰まりにくさが重要だと思うのです……。LDK のエアコンが花粉や汚染物質の除去には使え無さそうなことを考えると、LDK にも空気清浄器を設置したいなぁと思う。

洗濯物も外で干しにくくなってきたので、洗濯機の乾燥機能をちょくちょく使うようになった。ドラム型洗濯機のハイエンドモデルをなんとなくで買ってはいたが、高い・大きい・重い・起毛が潰れるとデメリットしか見えてなかったけれども、乾燥機能を使うと洗濯物はふっくらするし従来型の乾燥機能よりも衣類が痛みにくくて電気代も少なく、二年ほど使ってようやく「この洗濯機を買って良かったのかもね」と思えたりも。

 

そんなこんなで、早く花粉と黄砂のシーズンが過ぎたらいいのにね。