読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

内窓を自作してみた

寒さのピークを迎えて間も無く暖かくなり始めそうな微妙なタイミングではあるけど、前から検討していた内窓の自作を実行してみました。
今回はお試し版ということで、H900xW365 の窓を4枚と、H900xW260の窓を1枚分の資材を調達してみました。
材料は、ハモニカーボ(1810x910 3mm厚) 一枚, 両面テープ(ニトムズの剥がせるタイプ 5m), 光モールのガラス戸用レール(1mの上用と下用を2本ずつ), 光モールのL型アングル(20x2000 を6本) で、費用はおおよそ 4,000円 ぐらい(隙間テープも6m分ぐらい買ってたけど、無くても大丈夫そうなので使っていない)。
これまでは手をかざすとロールスクリーンの隙間から冷気が流れてくるのが感じられたけど、設置後は手をかざしても冷気をまったく感じることは無く、効果はとても大きいと感じました。これで窓の結露もおさまったらいいなぁ。
今回は練習として、細長い窓に嵌め殺しで設置してみたけど、今度は大きめの窓にスライドできるようにやってみようかな。
以下、雑感メモ。

  • ハモニカーボの切断は大型のカッターナイフでも3~4回で綺麗に切れる。
  • 両面テープは強粘着のものじゃなくても大丈夫そう。(仮止め用のはがせるタイプでも十分に見える)
  • 小さい窓なら、横向け(パネルの流れが横方向)に使ってもパネルのたわみはさほど気にならない。
  • パネルの切断サイズは、左右→窓枠寸法マイナス3mm,上下→窓枠寸法マイナス6mmぐらいでよさそう。

追記:2013/03/11

設置してから二週間ほど経ったけど、窓から冷気は入ってこないし全然結露しなくなったしで、本当に効果絶大です。

窓の外の景色が見えにくくなるけど、いつもレースのカーテンをひいてるとかすりガラスを入れてるとか、そういう箇所だと問題にならないでしょう。

「窓から冷気が入ってくるよ……(´・ω・`)」って人には、本当におすすめです。