電子ピアノがようやく届いた

一年ほどまえから週一ぐらいのペースで五歳児にピアノのレッスンを受けさせているけど、家にはまともなピアノが無いので24鍵ぐらいのおもちゃピアノで練習させていましたが、さすがにそれでは使い物にならなくなってきたため年明けに電子ピアノを注文していました。
電子ピアノもピンキリで、子供もいつまでピアノをやってくれるか全く予想も付けられず、機種選定は結構悩みました。
最初は8万円ぐらいのものでいいかなとかぼんやり思ってましたが、あれこれ調べてると電子ピアノは鍵盤のタッチが値段にダイレクトに反映されることがわかり、発表会やレッスンの時にも違和感や支障が無いようにしてやりたいなと思ったら、自然とターゲットは18万円台に。
YAMAHAのCLP-470かKAWAIのCA65で悩んだ結果、設計(販売開始)が新しくて評判も良さそうな後者を選んでみました。メーカの直営店が家の近所にあり、値段も悪くなかったので(\210k)、故障や不具合があった際のサポートも考えてそこで注文しました。
ひさしぶりにそこそこ高額な買い物になったけれども、2人の子供たちが5年以上使ってくれたら十分に元は取れるでしょう……だから、すぐには壊れないでね……。
新機種ということで割と品薄だったようで、年末にリサーチした段階では割と在庫もあり即納状態だったのですが、年が明けると在庫が減ってしまったようで一カ月ほど待つことになり、先週末にようやっと我が家に届きました。
電子ピアノはヘッドホンを使ってスピーカから音を鳴らさずに使えるものの、ハンマーやペダル操作の振動は階下に結構伝わるらしいというハナシを聴き、静床ライトという防音のタイルカーペットも近所のホームセンターで購入。三枚で丁度いいサイズ。
フローリングの床を傷つけないように、ピアノ椅子の脚にカグスベールを付けて環境はひとまず完成というところ(ちなみに脚は34㎜角で、ちょうどいいサイズのカグスベールがあった)。
昨年末にピアノの発表会を見に行ったときに、「おちびに伴奏してやったり一緒に連弾とかできたら素敵だな」とか思ったりもしたので、私も独学で練習してみるつもり。
ちゃんとしたレッスンを受けるだけの時間は当面は確保でき無さそうなので、やれるとこまで独学でやってみる予定です。