内窓の自作を検討中。

我が家は新築後一年半ほどと割と新しい家なので、気密性が高く全ての窓もペアガラスだったりするので、入居したころには「これで暖かく過ごせるかな」とか考えてましたが、住んでみると意外と冷気が入ってくる。原因は、窓のアルミサッシ。
熱伝導率の良いアルミサッシはほぼ外気温まで冷え込み、内側のペアガラスの熱も奪うため、窓からひんやりとした冷気がじんわりと部屋へと流れ込みます。室温と湿度が高い日には、もちろん結露を起こします……。
家の建築を頼んだ業者はペアガラス+アルミサッシを標準としており、我が家のそのままの仕様で建築してもらいましたが、いまになって思えば樹脂サッシに変更しておけば良かったかなとちょっとだけ思ったりもしますが、いまさらどうこうしにくいですので、自分でどうにかできないかと思案。
アクリル板で内窓を作れないかな?と考え、「アクリル板 内窓 OR 二重窓」と Google 検索してみると、あれやこれやと自作報告がひっかかり、やっぱみんな同じこと考えるよねーと安心しました。
あれこれサイトを見ていくと、アクリル板を使うとコストが高くつくので、ツインカーボやハモニカーボというポリカーボネイト製の板材を使う方法が最近の流行りのようで、近所のホームセンターに足を運ぶとそのハモニカーボが売られているのを見つけました。
一般的な方法だと工作も簡単なようで、これはいっちょ試してみるかなぁとか考えたのですが、懸念がいくつか。
一つ目は、いままさに寒さのピークを迎えつつあり、ちょっと手遅れじゃないのという思い。内窓は次の冬や夏場にも使えることを思うと無駄ではないものの、どうせやるのなら昨年中にでもやっておけば良かったのにと、今更感を強く持ってしまいます。
二つ目は、綺麗に外せる工作にしたいこと。窓枠の内側に両面テープでガラス戸用レールを貼り付け、それでボードを固定するというのが一般的な方法なようですが、両面テープの糊残りや窓枠の変色が気がかりで、かつビス止めなどもやりたくないので、構造をどうアレンジしようかと思案中であること。あれこれ悩んでたら冬が終わっちゃうよ!
とりあえず、寒さや結露をどうにかするのを優先して、ちゃちゃっと設置してしまうのが賢明なんでしょうが、腰が重くて石橋を叩いて叩いて叩き割る性格もあって、このままいくと春までずっと悩んでそうな気もしますが、さてさて、どうなりますやら。